.

交通事故に巻き込まれた状態で、交通事故の被害者であっても、相手方が非を少しも受諾しないという事はかなり多く存在します。例として、故意に起したのではなく不注意で相手の自動車を激突した状況などに、こういった押し問答につながってしまう可能性がありえます。例えそうであっても、その場所で自動車のみの損害処理され時間が経過して体の痛みが出てから病院の参考になる診断書警察署に出すのでは後手後手に回る感じはしょうがなくなります。それなら自動車の事故の過失割合の確定にはどういう基準が決まっているのでしょうか?正確に言うと警察が判断するのは、主として事故の大きなミスが認められるのはAかBかという内容であり、過失の割合がどうなのかではないのです。まして、最終的に決定された事故の過失者が警察署から明確にされる事はという事はありません。そのため、過失の割合は事故にあった両者の話し合いにより決定され、その結果が賠償額の基準となります。この場合に、両者共に任意保険に未加入の場合は本人同士が真正面から協議を余儀なくされます。しかしながら、当然の事ですがこういう調整では、感情に走ったやり取りになる可能性が多くなります。まして、お互いの意見が食い違えば万一の場合、裁判沙汰に進みますが、これでは貴重な時間と裁判にかかるコスト甚大な損失を避ける事ができません。それにより一般的には、互いの運転手についている自動車の保険の会社に、この両方の自動車の保険屋さんに協議を一任するやり方を駆使して、過失の割合を慎重に決めさせます。その際、自動車の保険会社は前の車での事故の裁判の判断から算出した判断材料、判例集などを元に、予想と話し合いによって過失の割合を算出します。と言いつつも、自動車事故の場合では、巻き込まれてしまったのか起こしたのかの如何を問わずまず110番通報するのがルールです。その上で保険の会社に連絡してその先の調整を任せるのが順番となります。この順番さえ理解していれば、双方の建設的でない話し合いとなる場合を回避できるに違いないのです。