.

自賠責保険という保険は正式名称で自動車損害賠償責任保険、通称自賠責保険とよばれるものです。

このような自賠責保険は通称強制保険と呼ばれマイカーを車検に出す際は、決まっている期間内に適用される自賠責保険に加入していなければなりません。

言い換えればすべての自動車に加入義務のある保険なのです。

ではその車に自賠責保険が付いた状態で手放した際にはどうなるでしょうか。

強制保険は車検の際に更新をすることが存在しますが、もし自賠責保険に加入した自動車を手放したケースでは保険料が返ってくるという事例はほとんどないのが普通です。

というのは自賠責保険の効力を一度消して、新たな所有者に入れ替えることはやや面倒くさいのです。

ですので、強制保険(自賠責保険)は名義を変えて車とともに移すというのが基本です。

しかし、それと同じだけの金額を代金に足してくれます。

強制保険(自賠責保険)というのは自動車税と違って、支払った保険額を月々で割った金額が戻ってくるわけではなく、買取額に乗せるという手段をとるのが普通なのですがこれが見積票に載ることはほぼありません。

そのため、引き取りの際は強制保険を考慮した金額が売却額に含まれているかをチェックしたほうがいいでしょう。

自らが納めた金額がどの程度かということをわかっていれば、間違いはないはずです。

自賠責保険の加入保険料に関しては、契約期間次第で変わってくるので、注意してください。

車の廃車の場面では自賠責保険の名義書き換えをしましょう。

仮に名義書き換えをしていなければ保険業者から保険期限の満了を知らせる便りが来てしまいます。

マイカーが少しでも高く手放すことができることを応援させて頂きます。