.

任意整理という言葉は一般には負債の整理というふうにも言われていてそれらのお金の貸し手に対しての返金を行うことを前置きとした借金を整理していく形となります。

具体的な流れですが司法書士もしくは弁護士が債権を持つものと借り手との仲介役として話し合って、法律にかんがみて適切な利息計算をして再計算した借りているお金の元金の利子を減らす方法で3年くらいの期間で返済を目指す借金の整理の方策です。

任意整理には各種裁判所等の国家機関が管理することはないので他の手続きと比較した場合、手続きを行ったときの不利になる点がほとんどなく、手続きは債務者にとってなにも負担にならないことからまず選択してもらいたい対策だといえます。

それから、お金の貸し手がヤミ金業者のような高い年利ならば利息を制限した法律が許す金利など以上に渡した金利分は借入金の元金に充当できると判断し元金自体を減額することもできてしまいます。

サラリーマン金融のように高い利子のところにある程度の期間返し続けている場合だとかなりの金額をカットすることができることもありますし、10年くらい返してきたケースだと元金そのものがクリアーになるようなこともあります。

任意の整理のポイントについてですが破産申告とは異なって一部分の負債だけを整理することになりますので、他に保証人が関係している借金以外だけを手続きしたい際や自動車ローンの分以外だけを整理したい際なども使用することも良いですし、築き上げてきた資産を手放す必要がないため投資信託や有価証券自分名義の資産を持っているものの処分したくない状況であっても活用可能な借金整理の手順といえます。

ただし、手続きを取った後の返済金額と現実として可能な収入額を比較しおおむね返済の目処が立つようならこの方法で方法を選択することが可能ですが、破産とは違い借金そのものが消えてしまうという意味ではありませんので借金の金額がかなりある場合などは、任意整理にての手続きを実行するのは困難になるということになるでしょう。