.

商店で一切の契約カードが決済可能なわけではない▽クレカの加盟店舗はだいたい二つ以上のカードの運営会社と契約しているんですが、残念ながらどれもの加盟店であらゆる会社の契約カードが使用可能なんではありません。

旧態然とした加盟店舗の場合にはJCBのマークの書いたクレカしか決済できないときもあるし、最近の店舗ではVISAやマスターのロゴの書いたやつだけしか切れない場合もよくあります。

ダイナースカードなどのクレカならば、増して決済不可な場所が増えるんじゃないでしょうか。

どのブランドのクレジットカードが使えるかどんな方法で見分けたらいいものか?「ならいかにして何のクレジットカードが使用可能かというのを確かめたらいいか?」というと、本当のところを理解するには該当店の人に聞いてみるのみしかないていうのが実のところその答えです。

でも大体の商店やレストランには店舗の入口のところとかに決済できるクレジットカードのブランドがプリントされている認証ステッカーがあるんで「そうか、そこの店舗はMasterCardが決済可能なのね」といった感じで迷わないようにされてるし心配しないようにしていただけるとよいと思います。

しかしながら、十分に加入管理が行き届いていない加盟店舗で切るときにはステッカーが掲示されている状況でも「現在ではお持ちのクレジットカードはお受けいたしかねます」みたいな対応を受けるなどという状況もないともいえず、困惑してしまう状況に出くわしかねません。

やっぱり可能な限り十分な数のお店で有効であるようにするためにも異なる会社(国際ブランド)が入っている一般的なVASA、マスターカードダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、等のクレカを2枚以上は使えるようにしておくようにするようお勧めします。

(例:ライフカードを契約しているなら二枚目はアメリカンエキスプレスカードブランドのクレジットカードを財布に入れておく等)。

とりわけ日本においてはVISA、MasterCard、JCBカードの3つのカード会社が書かれているクレカを常に持っておけば、間違いなく100%の加盟店でなにがしかのクレカを決済するよう準備万端というわけです。

カードをいつも財布に忍ばせて有効的にポイント取得を目指すならば言うまでもないがそれぞれのカードを使えるようにしておいていただくようお勧めします。